たるむ特徴とセルフケア|まぶたが下がる眼瞼下垂は整形外科で治せる|視野が狭くなる
レディ

まぶたが下がる眼瞼下垂は整形外科で治せる|視野が狭くなる

たるむ特徴とセルフケア

女性

頬のたるみを改善する治療方法は様々なものがありますが、日頃の工夫をすることによって予防や改善することが可能です。頬のたるみのセルフケア方法としては、まず姿勢を直すようにしていきます。猫背が習慣化していると、顔が前に突き出てたるんでしまうため、姿勢を良くすることを意識して習慣化していきます。肌の潤い成分を減らさないためには、紫外線ダメージを減らすために紫外線対策を行います。それと同時に、食事や睡眠などの体の内側からのケアと、保湿力の高い成分を使った外側からのケアを行うことが大切です。表情筋の緩みを改善するためには顔ヨガやエクササイズなどを行っていくと良いとされています。治療を行わなくても日頃のケアで予防することは十分にできるため、毎日継続して行っていきます。

人間は加齢すると筋肉の緩みや肌の潤い成分の減少によってたるみが起こりやすくなります。特に目立つのが顔の頬のたるみです。頬がたるむと年齢よりも老けた印象になってしまい、表情も作りにくくなってしまうという特徴があります。原因は加齢以外にも様々なものがあります。紫外線や姿勢の悪さ、肌の乾燥、表情筋の衰えなどが挙げられます。改善するための治療は様々なものがあり、レーザー・超音波・高周波治療によってコラーゲンの生成を促す、表情筋を引き締めるなどを行えます。手軽なものとしては、ヒアルロン酸やボトックス注射などが人気で、しっかり治したいという場合には糸を使って皮膚を引き上げるフェイスリフトなども行うことができます。